ねずみ対策で効果の高い方法とは

  • ねずみ対策は整理整頓とエサを与えないことが基本

    • ねずみは少しでも居心地が良い環境を求めて、住居に侵入してきます。特に好むのは食べ物が豊富にあり、隠れる場所がたくさんあること。



      ねずみ対策を考えるなら、食品の収納と整理整頓が大切です。
      運動量が激しいねずみは、食べ続けていないと約3日で餓死してしまうと言われます。ねずみ対策で最も重要なのは、エサになる食品を与えないこと。


      生ゴミが出しっぱなしだったり、食べこぼしが床に落ちている状態はねずみにとってはパラダイスです。
      食品はねずみに盗まれない容器に収納し、生ゴミも蓋付きのねずみに侵入されないタイプのものを選びましょう。また家の周囲にものが積み上げられ、ねずみが隠れられる場所があったり、ねずみが食べられるものが放置されているようであれば、出来るだけ片付けておきましょう。



      体の小さなねずみは、気温が10度以下になると動けなくなると言われます。そのため温かい屋根裏などに、居心地が良い巣を作るのです。
      巣を作らせないねずみ対策には、巣の材料になる紙や布なども盗ませないこと。

      衣類を収納するタンスや引きだしには、ねずみが嫌う臭いのハーブや樟脳やカンフルなどの成分を含む防虫剤を入れておきましょう。
      食べ物やゴミを管理しても、完璧に行うのはなかなか難しいもの、ねずみが嫌う天敵の猫やイタチ科のフェレットなどを飼うのもひとつの方法です。

      たとえねずみを獲らない猫でも家にいるだけで、ほとんどのねずみは近寄らなくなるのです。