ねずみ対策で効果の高い方法とは

  • 自宅でできるねずみ対策の基本

    • ねずみはエサと温かく安心できる住みかを求めて住居に侵入してきます。

      ねずみ対策の基本は、エサを無くすこと、住みかを与えないこと、居心地を悪くすることです。
      ねずみがやってくる最大の理由は食べ物、体が小さく運動量が激しいねずみは食べ続けていないと、3日程度で餓死してしまうと言われます。



      食べ物が食べ放題、食べ残しや生ゴミが散らかった家はねずみにとって天国です。
      ねずみ対策はエサをねずみに与えないことが最も重要です。

      食品はフタ付きやねずみが侵入できない収納ボックスなどに入れ、生ゴミや食べ残しも盗まれない工夫が必要です。

      体が小さいねずみは、気温が10度以下の環境では動けなくなってしまいます。


      そのため温かい屋根裏に好んで巣を作るのです。

      巣の材料になる、紙類や布、衣類なども盗まれないように、出来るだけ片付けておきましょう。



      タンスや引きだしには、ねずみが嫌う臭いの樟脳を含む防虫剤を入れたり、忌避剤を置いておくのも良いでしょう。


      食べ物や布類をきちんと片付け、忌避剤を置いて徹底的に管理してたとしても、ねずみの侵入を防ぐには限界があります。

      最もシンプルなねずみ対策は、ねずみの天敵を飼うこと。


      警戒心が強いねずみは、天敵の気配を察知すると近寄らなくないのです。



      ねずみの天敵で真っ先に思いつくのが猫ですが、イタチ科のフェレット、フクロウも天敵です。
      意外なことに同じねずみのハムスターも苦手、ハムスターの縄張りと勘違いしたねずみは出ていってしまうのです。