無線LANの導入をおすすめ

subpage01

無線LANは、LANを無線化したものです。

一般に使われているものはWiFiと呼ばれる規格で、スマートフォンやノートパソコンなどモバイル端末では標準で対応しています。またゲーム機なども対応し今やスタンダードなネットワークへの接続方法となっています。
一方で無線LANを導入するためにはその仕組を理解しておく必要があります。



無線LANの仕組みは親機と子機があり、親機はルーターと呼ばれます。
親機は何らかの方法でネットワークに接続して、親機と子機を接続できるように設定することでネットワークに接続することができます。

導入方法としては、今ある有線LANを無線LANに置き換える方法と、WiMAXなどの無線によるインターネット接続サービスを利用する方法があります。
置き換える方法は、ルーターを購入するだけで出来るので費用も安くておすすめです。


一方でインターネット接続サービスの場合には電波の送受信できる場所であれば、どこでも利用できるのでおすすめです。
無線LANを導入するさいに注意しなければならないのが端末の接続数です。



親機の値段は同時接続数の違いも大きく、おすすめされている普及版では5台程度に設定されています。

より安価なモデルでは3台程度に設定されているものもあるため使用する環境に応じて親機を選ぶことがポイントになります。また屋内での電波の届く範囲は限定されているので、必要に応じて中継機を利用する必要があります。