無線LANのデータ通信量を抑えれば料金は安くなる

subpage01

無線LANでは、契約を行うときにどの程度の容量を利用するのかを事前に決めておく必要があります。


有線と無線LANの大きな違いは、利用できるデータ量にあります。

普通、有線のサービスを利用するときには無制限にデータを利用することができますので、こういったデータ量に関する取り決めを考えておく必要がありません。大手キャリアなどの携帯デバイスの料金は高いですが、デスクトップの無線LANではこういったキャリア側の大容量のプランを必ず使わなくてはならないわけではないわけです。


一般的に、無線LANの場合はデスクトップパソコンであっても携帯デバイスであっても、本人が月間でどの程度の容量を使うのかを決めなくてはいけません。


その範囲内で料金が決められることになりますので、容量の大きさによって料金が安くなったり高くなったりします。



言い換えると、使う容量を少なく設定することによってそれだけ安い価格でサービスを利用できるようになります。


例えば、デスクトップパソコンであっても10GB程度の容量に設定しておけば月にその範囲内で非常に高速中居線で遊ぶことができるようになります。



一方で、その容量を超えてサービスを利用してしまうと通信回線に遅延が生じるペナルティが課せられることになりますので気を付けなくてはいけません。



普段からインターネットを頻繁に利用する人は別ですが、そうではない人にとっては小さな金額で楽しむことができるため無線LANはとてもお得だといえます。